また行きたい角館の桜

桜の季節になると、去年はじめて訪れた秋田の角館の桜を思い出します。っていうか、できれば今年も行きたかったんですけどね。

ずっと念願だったので、去年行けたのは、感動的でした。角館の武家屋敷の渋さと満開の枝垂れ桜とのコントラストは最高です。

枝垂れ桜って、少し頼りなげにそよそよと揺れうごくんですけど、それが重厚なイメージの武家屋敷の黒塀とものすごくマッチしていました。

やっぱり角館の桜が有名なのは、納得できました。
あと、桧内川堤の桜並木も圧巻でした。運良く天気が良かったので、山の方に向かって歩くと八幡平方面残雪が望めました。山頂の白と青い空、桜並木の薄桃色・・・なんともいえませんでしたよ。

ところで、私は角館の桜をツアーで見にいきました。
ツアーだといろいろと桜の名所をめぐるし、食べるお店とかもあるので、楽しさが倍増する感じでした。

それにしても、桜って、花が咲く時期にその背景とか周辺の風景により、いろいろな表情が楽しめるものだと思います。
とくに角館のような武家屋敷とのコラボでは、剛と柔といった感じになるので、とても観賞のしがいがあります。道が広いので、じっくりと桜を楽しめるのもいいですよね。
また行きたいなぁ~☆