桜の季節が待ち遠しい近頃

1月に入ってから、めちゃくちゃ寒いですよね。(T_T)

これだけ寒いと私としては、早く桜が咲く季節にならないかなって心待ちに思うだけです。
ところで、桜の魅力って何だろうかって思うことがあります。やはり、パッと花開き、そしてあっという間に散ってしまう。。。その儚さなのかなって思います。無常というか。そう言えば、散り際の潔さというのもありますよね。

あと、桜前線は日本列島を南から北へ移っていくので、ずっと桜を楽しめるというのもありますよね。

 

ところで、桜の種類ってどんなものがあるかなって思いませんか?
種類とは、花木の桜に、個別の名が付いた品種のことです。世界レベルでみると600種類くらい、いやもっとあるのかもしれません。

ただ、ある程度知名度のあるものでいえば、たとえば山桜があります。山桜は、主に関東や中部の南エリアに分布しています。花と葉がいっしょに開きます。
花は薄桃色で、かなり昔から山に自生しています。有名なところでは奈良の吉野山は山桜です。

あと、山桜でも大山桜というのもあります。これは北海道や本州北部に分布しています。花は大きく紅紫色です。そのため紅山桜なんて言われています。北海道ではエゾ山桜とも言われています。

 

伊豆の伊豆七島あたりの大島桜もあります。花が大きく香りが良いいそうです。頑丈で成長が早いため染井吉野など里桜の母種になっているようです。

桜といえば、やはり染井吉野かな。日本のあちこち植えられている日本を代表する桜ですよね。

あぁ、早くお花見の季節が来ないかな~。

また行きたい角館の桜

桜の季節になると、去年はじめて訪れた秋田の角館の桜を思い出します。っていうか、できれば今年も行きたかったんですけどね。

ずっと念願だったので、去年行けたのは、感動的でした。角館の武家屋敷の渋さと満開の枝垂れ桜とのコントラストは最高です。

枝垂れ桜って、少し頼りなげにそよそよと揺れうごくんですけど、それが重厚なイメージの武家屋敷の黒塀とものすごくマッチしていました。

やっぱり角館の桜が有名なのは、納得できました。
あと、桧内川堤の桜並木も圧巻でした。運良く天気が良かったので、山の方に向かって歩くと八幡平方面残雪が望めました。山頂の白と青い空、桜並木の薄桃色・・・なんともいえませんでしたよ。

ところで、私は角館の桜をツアーで見にいきました。
ツアーだといろいろと桜の名所をめぐるし、食べるお店とかもあるので、楽しさが倍増する感じでした。

それにしても、桜って、花が咲く時期にその背景とか周辺の風景により、いろいろな表情が楽しめるものだと思います。
とくに角館のような武家屋敷とのコラボでは、剛と柔といった感じになるので、とても観賞のしがいがあります。道が広いので、じっくりと桜を楽しめるのもいいですよね。
また行きたいなぁ~☆

早起きしてみた

この間の休みの日は、早起きをしてみました。巷で、早起きに関することって、やっぱりできる人とか成功している人は早起きだってことを意識して、トライしてみました。この日だけじゃなく、早起きしていますけど、なかなか厳しいでです(^_^;)

っていうのは、早く起きるからといって早く寝ているわけじゃないからです。つまりは寝不足(-_-)zzz

今日で4日めですが、かなりつらいです。

なので、もう無理かなって思います。ショートスリーパーって体質的なものだから、できない人にはできません。

私は、やっぱり最低でも7時間は寝ていたいです。じゃなきゃ、寝不足で仕事とかの効率がすこぶる悪くなってしまいました。

(;´д`)トホホ…